サブメニュー

保証人不要の借り入れ

担保や保証人なしでお金を借りるには、主にノンバンク系のキャッシングと銀行のカードローンがあります。ノンバンクとは銀行や信用金庫以外の金融機関のことで消費者金融会社や信販会社、クレジット会社などの貸金業者が当てはまります。

 

担保や保証人なしで融資を行いますが、銀行や信用金庫のように預金することはできません。ノンバンクは銀行よりも比較的審査に受かりやすくスピーディーで急ぎでお金を借りたいときに便利です。その代わりに銀行のカードローンより金利が若干高い傾向があります。

 

50万円以下の借入ならノンバンクでも銀行でもあまり金利に差が生じないことが多いですが、ご利用限度額は銀行の方が高めな傾向があります。ノンバンクと銀行の大きな違いは総量規制の対象になるかならないかです。

 

ノンバンクは貸金業者ですので借入総額年収の3分の1を超えて借りられないという総量規制の対象です。

 

銀行は銀行業ですので総量規制の対象外です。年収の3分の1を超える借入が可能ですが実際にはご利用限度額を下げられたり、他社からの借入で年収の3分の1近くまで達していると審査に落ちてしまう事が多いです。

 

生活や暮らしで必要になる金額を借りる時には便利ですが、まとまった資金を借りるのは難しいのが現状です。

 

最近では大きな金額を借りるおまとめローンであっても、担保や保証人は不要となっています。多数の借り入れで返済負担が大きいと感じている方は、一本化を行うおまとめローンの返済方法を知っておきましょう。