サブメニュー

決まった限度額の制限

キャッシングを利用するときには、審査に通ることが必要になります。そして大抵のキャッシング会社ではその際に借り入れ限度額が設定されます。

 

借り入れ限度額とは、その名前の通り、消費者金融会社が希望者に何円まで借りられるのかを分かりやすく表示したものになります。借り入れ希望者は、キャッシング会社が提示したこの限度額を参考にして借り入れを行うことが可能になっています。

 

借り入れ限度額が200万円であればそのまま200万円を借りることが出来ますし、その範囲内である0円~200万円ならば何円でも借り入れを行うことが出来ます。そしてこれは意外と知られていないことなのですが、一度返済を行った分の金額は、日が経てば新しく借り入れを行うことも可能になっています。

 

例えば、100万円を最初に借り入れしており、最初の月末に20万円を返済したと仮定します。そうして、キャッシング会社の方に返済を認識してもらえれば、再度その分の20万円を借り入れする事が出来ます。

 

しかし、ここで注意すべきなのは、返済時に、手数料も掛かってくることを忘れてはなりません。コンビニのATMなどで返済した場合には少額の手数料が掛かってきます。

 

本人が10万円きっちり返済できたとしても、実際には10万円「弱」の返済金額になってしまうので些細なところも注意しましょう。

 

カードローンは限度額いっぱいまで借りられるのか?

カードローンは小口融資ですが、500万円や1,000万円といった限度額を見ていると、小口とは思えないくらい大きなものです。目的自由で担保・保証人が不要ことを考えれば、500万円という金額は非常に大きなものです。

 

では、実際に500万円を借りることができるかといえば、可能性としては極めて低く、割合では利用者の1%もいないのが現状です。500万円借りるためには、1,500万円以上であることが必須ですが、実際にはもっと多い年収を得ていないと厳しいでしょう。

 

年収2,000万円~3,000万円といった方ならば、500万円の借り入れも可能ですが、ここまで高額年収の方だと、借りる必要性はないというわけです。年収1,000万円前後だと、カードローンの利用者は相当数います。

 

1,000万円クラスの方の生活を見てみると、庶民的であることが多く、富裕層とは言えない状態なので、お金を借りる必要性もあるということでしょう。年収2,000万円クラスになると、高い税金を考慮しても生活に不安がなくなる方が多く、ローンの利用者は急激に減ります。

 

こうした背景から、カードローンの限度額を目いっぱいで借りることは難しく、多くとも100万円~200万円になるのが現状なのです。